糖質オフダイエットはどうだろう?

食事において炭水化物(糖質)をカットする、あるいはその摂取を控えるダイエット法。最近注目され、また一部問題とされているダイエット法ではありますが、やりすぎず、適切な糖質オフが出来ればかなり効果があると言われている。特に、代謝量が衰えてくる中高年が行うと、体脂肪の増加、高血圧、コレステロール値の上昇を押さえ、糖尿病などの生活習慣病対策にもなるため、体重を減らすというよりは健康維持を目指す目的で行うダイエットと言えます。それに加えて各食物に主に含まれる栄養素によって食べる順番を決めて食べる、あるいは食べる時間帯によって摂取する糖質の割合を押さえるといった工夫をすると食物に含まれる糖質を過剰に摂ることを防げるため、それらの食事法を併せて行うとより効果が期待できるでしょう。

 

特に年配の方になると見かけのことよりも中性脂肪、コレステロールの問題のほうが大きいことが多いです。病気になることへの恐怖でしょうか。それまでは体重も気にしたことがない肥満に近い人でも怖い病気になるかもと恐れることで必死に痩せようとするものです。効果的に不必要な脂肪分だけをそぎ落としていくような方法や働きも明確担ってきたのでその研究うによりよい効果の高い成分で作られたサプリなどもあって便利な世の中になったもんだと思います。中性脂肪を下げたいならこのサプリがあった!http://xn--n8j1a1b8m701l1fa460jom8cvwa.com/

 

私の場合、一日のうち炭水化物を多く含む主食(米、パン、麺類など)や、スイーツなどの糖分を多く含む食べ物を摂る量を今までの半分以下に減らしましたが、根菜などの野菜に含まれる糖質まで抑えたり、糖質をカットすることばかり意識するとかえってストレスからドカ食いなどをする危険があると自分で思ったので、あくまでも糖質オフがストレスにならない程度の「糖質減」を目指してダイエットしています。

 

また、空腹時にいきなり糖質の多い食物を摂ってしまうとその糖質がダイレクトに体に吸収されてしまい、せっかく糖質の多い食事を減らしても効果が半減すると思ったため、まずは繊維質の多いものやたんぱく質、あるいは水分などを最初にお腹に入れてから糖質を含む食物を摂るようにしています。

 

それだけでも体重は減りました。停滞期も何度かありましたが、現在はダイエット前よりも3kg〜4kg減った、BMIの正常値である標準体重をキープしております。私が実践しているのは実にゆるい糖質オフダイエットですが、それなりに効果はあるようです。これからも気を緩めず、規則正しい生活をしながらこの方法で今の体重をずっと維持できればいいなと思っています。